【簿記3級】第06回 商品売買 -商品の返品・仕入諸掛り・売上諸掛り-

Pocket

前回の講義はコチラ→ 第05回 商品売買 -売掛金・買掛金・クレジット売掛金-
次回の講義はコチラ→ 第07回 簿記における現金の範囲

前回の講義では、掛け取引の場合の仕訳を学習しました。

今回の講義では、商品の返品があった場合と、商品売買の際に諸費用が発生した場合の仕訳を学習します。

商品を返品したときの仕訳(仕入側)

通常の企業では、商品を仕入れた際には検品(検収とも言います)を行い、注文通りの商品が届いているかチェックしています。

このチェックを行わなければ、不良品を販売してしまったり、適正な在庫量を確保できなくなるリスクがあるからです。

検品したときにすぐに不具合に気づけば、商品の仕入自体が発生しないので、返品も発生しませんが、

検品したときには不具合には気づかず、商品の仕入を行った後に返品を行った場合には、商品仕入の仕訳を取り消すための仕訳を行う必要があります。

この商品仕入を取り消すための仕訳が、返品の仕訳です。

なお商品を返品することを「仕入戻し(もどし)」というので、用語としても覚えておいてくださいね。

それでは具体的な例を使って、返品の仕訳を確認しましょう。

 

【取引例】
小早川はリサイクルショップで、25,000円のバットを掛けで仕入れました。
しかし後日、仕入れたバットの異臭に気づいたので返品することにしました。

このような場合は、商品仕入と商品返品の2つの仕訳を行う必要があり、以下の通り記入します。

商品を仕入れたときの仕訳

借方 金額 貸方 金額
仕入 25,000 買掛金 25,000


商品を返品したときの仕訳

借方 金額 貸方 金額
買掛金 25,000 仕入 25,000

まず商品を仕入れたときの仕訳は、前回の講義で紹介した「掛け取引の仕訳(仕入側)」(前回の講義はコチラ)と同じです。

そして商品を返品したときの仕訳は、商品仕入を取り消すための仕訳なので、商品仕入の仕訳と逆の仕訳を行います。

すなわち将来現金を支払う義務である買掛金(負債)が減るので、借方に買掛金30,000円を記入し、費用である仕入が減るので、貸方に仕入30,000円を記入します。

このように、すでに行った仕訳は「逆仕訳」で取り消すことができます。これは仕訳の重要な性質なので、ぜひ覚えておいて下さい!

それでは次に、商品を返品された側(売り手側)の仕訳を見ていきましょう。

商品を返品されたときの仕訳(売り手側)

売り手側が商品の返品を受けたときの仕訳も、仕入側と同じように考えます。

すなわち、商品売上の仕訳と逆の仕訳を行います。

これも具体例で見ていきましょう。

【取引例】
バットを仕入れた小早川は、そのバットをそうまに30,000円で販売し、代金は掛けとしました。
後日、そうまはバットの異臭に気づいたので小早川に返品しました。

この場合、売り手側である小早川は以下のように仕訳を作ります。

商品を売り上げたときの仕訳

借方 金額 貸方 金額
売掛金 30,000 売上 30,000


商品が返品されたときの仕訳(売り手側)

借方 金額 貸方 金額
売上 30,000 売掛金 30,000

まず商品を売り上げたときの仕訳は、前回の講義で紹介した「掛け取引の仕訳(売り手側)」(前回の講義はコチラ)と同じです。

そして商品が返品されたときの仕訳は、商品売上を取り消すための仕訳なので、商品売上の仕訳と逆の仕訳を行います。

すなわち収益である売上が減るので、借方に売上30,000円を記入し、将来現金を受け取る権利である売掛金(資産)が減るので、貸方に売掛金30,000円を記入します。

 

仕入諸掛り(当社負担)の仕訳

続いては、仕入諸掛り(しょがかり)があった場合の仕訳を見ていきましょう。

諸掛りとは商品の移動などにかかった費用のことで、運送料がその代表例です。

仕入諸掛りがあった場合にどのように仕訳をするのか、具体例で確認してみましょう。

【取引例】
小早川はリサイクルショップで25,000円のバットを掛けで仕入れ、商品は配送してもらうことにしました。
配送にかかる送料は1,000円で、小早川(仕入側)が現金で支払いました。

このとき仕入側の仕訳は以下の通りです。

借方 金額 貸方 金額
仕入

31,000

買掛金 30,000
現金 1,000

仕入諸掛りは、その商品を手に入れるために必要な費用なので、商品の仕入原価に含めて処理します

上記の例では配送料の1,000円が仕入諸掛りとなるため、借方に仕入31,000円(=30,000円+1,000円)を記入します。

そして将来現金30,000円を支払う義務(負債)が増えるので、貸方に買掛金30,000円を記入します。

さらに配送料1,000円を支払うことで、現金(資産)が減少するため、貸方に現金1,000円を記入します。

 

売上諸掛り(当社負担)の仕訳

売上諸掛りの仕訳も見ていきましょう。

【取引例】
小早川はバットをそうまに30,000円で掛け販売し、商品は配送してもらうことにしました。
配送にかかる送料は1,000円で、小早川(売り手側)が現金で支払いました。

このとき売り手側の仕訳は以下の通りです。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 30,000 売上 30,000
発送費 1,000 現金 1,000

まず商品を掛けで売り上げたことで、借方に売掛金30,000円を記入し、貸方に売上30,000円を記入します。

そして売上諸掛りである配送料は、商品を売り上げるために必要な費用なので、借方に発送費1,000円を記入します。

さらに配送料1,000円を支払うことで、現金(資産)が減少するため、貸方に現金1,000円を記入します。

売上にかかった費用を正確に把握するために上記のような処理を行います。売上から1,000円を減額しないよう注意してください

 

まとめ

  • 商品を仕入れたときの仕訳
    借方 金額 貸方 金額
    仕入 25,000 買掛金 25,000
  • 商品を返品したときの仕訳(仕入側)
    借方 金額 貸方 金額
    買掛金 25,000 仕入 25,000
  • 商品を売り上げたときの仕訳
    借方 金額 貸方 金額
    売掛金 30,000 売上 30,000
  • 商品が返品されたときの仕訳(売り手側)
    借方 金額 貸方 金額
    売上 30,000 売掛金 30,000
  • 仕入諸掛り(当社負担)の仕訳
    借方 金額 貸方 金額
    仕入

    31,000

    買掛金 30,000
    現金 1,000
  • 売上諸掛り(当社負担)の仕訳
    借方 金額 貸方 金額
    売掛金 30,000 売上 30,000
    発送費 1,000 現金 1,000

 

前回の講義はコチラ→ 第05回 商品売買 -売掛金・買掛金・クレジット売掛金-
次回の講義はコチラ→ 第07回 簿記における現金の範囲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です