【簿記3級】第05回 商品売買 -売掛金・買掛金・クレジット売掛金-

Pocket

前回の講義はコチラ→ 第04回 商品売買 -分記法と三分法-
次回の講義はコチラ→ 第06回 商品売買 -商品の返品・仕入諸掛り・売上諸掛り-

掛け(かけ)取引とは

前回の講義では、企業にとって最も重要な商品売買取引の仕訳を学習しました。

前回の講義はこちら→【簿記3級】第04回 商品売買 -分記法と三分法-

そこで紹介した仕訳も簿記検定においては非常に重要なのですが、
実際の企業活動では、必ずしもメジャーな取引とはいえません。

なぜなら、仕入れたその場で現金支払ったり、商品を売り上げた瞬間に現金を受け取るといった「現金取引」は、一定規模以上の企業では行われることが少ないからです。

ある程度大きい企業の場合、商品を頻繁に仕入れる必要があります。
にもかかわらず取引ごとに現金を持っていくのは、非常に面倒で時間がかかります。

頻繁に商品仕入が行われるのであれば、注文はすべてFAX等で済ませ、一定期間の仕入代金を、月末等にまとめて支払う方が断然ラクなのです。

このように商品の仕入代金をあとで支払う取引形態を、掛け(かけ)取引といいます。

企業だけではなく個人でも、ECサイト(Amazonや楽天市場など)を使って商品を注文し、代金はクレジットカードを通して月末にまとめて支払うことがあると思います。

これも掛けで商品を購入していることになります。

それでは商品を掛けで仕入れた場合と、月末等にまとめて代金を支払った場合の仕訳を見てみましょう。

掛け取引の仕訳(仕入側)

【取引例(商品を掛で仕入れた場合)】
小早川はリサイクルショップで、25,000円のバットを掛けで仕入れました。

この場合の仕訳は以下の通りです。

まず仕入(費用)が25,000円増加するので、借方に仕入25,000円を記入するのは現金取引の仕訳と同じです。

そして仕入(費用)が増加すると同時に、代金を月末に支払う義務を負うことになりますが、仕入代金を後で支払う義務(負債)のことを「買掛金(かいかけきん)」といいます。

すなわち負債が増加することになるので、貸方に買掛金25,000円を記入します。

現金取引の場合は、現金(資産)が減少していましたが、掛仕入の場合は買掛金(負債)が増加するということがポイントです。

では次に、買掛金の代金を支払うときの仕訳を見てみましょう。

 

【取引例(買掛金の代金を支払った場合)】
月末になったので、小早川はリサイクルショップに対する買掛金25,000円を現金で支払いました。

この場合の仕訳は以下の通りです。

代金を支払ったことで、買掛金(負債)が減少することになるので、借方に買掛金25,000円を記入します。

それと同時に、現金(資産)が減少するので、貸方に現金25,000円を記入します。

 

【まとめ】掛け取引の仕訳(仕入側)

仕入側における掛け取引の仕訳をまとめると、以下の通りです。

  • 掛仕入の仕訳
  • 買掛金支払の仕訳

 

掛け取引の仕訳(売り手側)

続いて、売り手側における掛け取引の仕訳を見ていきましょう。

【取引例(商品を掛けで売り上げた場合)】
バットを仕入れた小早川は、そのバットをそうまに30,000円で販売し、代金は掛けとしました。

この場合の仕訳は以下の通りです。

売り手側としては、まだ現金を受け取っていないのですが、将来現金を受け取る権利(資産)を得たことになります。

この売上代金を後で受け取る権利のことを「売掛金(うりかけきん)」といいます。

すなわち、バットを販売した時点で、売掛金(資産)が増加するので、借方に売掛金30,000円を記入します。

それと同時に売上(収益)が増加するので、貸方に売上30,000円を記入します。

現金取引の場合は、現金(資産)が増加していましたが、掛売上の場合は売掛金(資産)が増加するということがポイントです。

では次に、売掛金の代金を受け取るときの仕訳を見てみましょう。

 

【取引例(売掛金の代金を受け取った場合)】
月末になったので、小早川はそうまから、売掛金の代金30,000円を現金で受け取りました。

この場合の仕訳は以下の通りです。

代金を受け取ったことで、現金(資産)が増加するので、借方に現金30,000円を記入します。

それと同時に、販売代金を受け取る権利である売掛金(資産)が減少するので、貸方に売掛金30,000円を記入します。

 

【まとめ】掛け取引の仕訳(売り手側)

売り手側における掛け取引の仕訳をまとめると、以下の通りです。

  • 掛売上の仕訳
  • 売掛金回収の仕訳

 

クレジット払いによる売上の仕訳

掛け取引の最後に、クレジットカード払いで商品を売り上げたときの仕訳を見てみましょう。

ちなみにこの論点は、平成31年(2019年)度以降の簿記検定の試験範囲に新たに加えられています。

キャッシュレス化が進む昨今の背景を反映し、簿記3級という基礎的な検定試験にも、クレジットカードの論点が入ってきました。

わざわざ試験範囲に加えたぐらいなので、かなりの確率で出題されることが予想されます。しっかりと押さえておきましょう!

 

【取引例(商品代金がクレジットカード払いで行われた場合)】
小早川は、そうまにバットを30,000円で販売し、代金はクレジットカードで支払われることになりました。なお信販会社への手数料は代金の5%です。

この場合の仕訳は以下の通りです。

代金の支払いがクレジットカードで行われる場合は、将来現金を受け取る権利(資産)を「クレジット売掛金」という科目で処理します。

そこで借方にクレジット売掛金を記入するのですが、将来受け取れる現金は、信販会社に支払う決済手数料を差し引いた金額なので、クレジット売掛金の金額は28,500円(=30,000円-1,500円)となります。

そして信販会社に支払う手数料は費用として処理するので、借方に支払手数料1,500円を記入します。

貸方には、これまでの商品販売の仕訳と同様に売上30,000円を記入します。

販売時の仕訳は以上の通りですが、後日、信販会社から販売代金が入金されたときの仕訳も確認しておきましょう。

 

【取引例(信販会社から販売代金が入金された場合)】
信販会社から、小早川の普通預金口座に販売代金が入金されました。

この場合の仕訳は以下の通りです。

販売代金が普通預金口座に入金されたため、借方に普通預金28,500円を記入します。

そしてクレジット売掛金(資産)が減少するため、貸方にクレジット売掛金28,500円を記入します。

なお、この例では普通預金口座に入金されたため「普通預金」という勘定科目を使いましたが、預金口座の種類が当座預金であれば「当座預金」という勘定科目を使うことになります。

詳しくは現金預金の講義で取り扱いますので、そちらをご参照下さい。

 

【まとめ】クレジット払いによる売上の仕訳

  • クレジットカード払い条件での販売時の仕訳
  • クレジット売掛金回収の仕訳


前回の講義はコチラ→ 第04回 商品売買 -分記法と三分法-
次回の講義はコチラ→ 第06回 商品売買 -商品の返品・仕入諸掛り・売上諸掛り-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です