【簿記3級】第10回 約束手形

Pocket

前回の講義はコチラ→ 第09回 現金の処理 -小口現金・現金過不足-
次回の講義はコチラ→ 第11回 電子記録債権・電子記録債務

これまでの講義では、商品売買の決済方法として現金取引と掛け取引を学びましたが、他に約束手形電子記録債権(債務)という決済方法も存在します。

今回の講義では、約束手形による商品売買取引について確認していきましょう。

約束手形とは

約束手形とは、「いつまでに、いくらを支払う」ということを記載した有価証券です。

支払期日と支払金額を約束した手形なので「約束手形(やくそくてがた)」と呼ばれます。

約束手形のメリットとして、商品の買い手側が買掛金の支払期日を遅らせたい場合に、約束手形を振り出すことで支払期日を遅らせることができます。

約束手形を振り出す人を「振出人(ふりだしにん)」といい、受け取る人を「名宛人(なあてにん)」といいます。

上図でいえば、仕入側の小早川が振出人で、売上側の植草さんが名宛人となりますね。

なお約束手形には、支払期日と支払金額のほかに、振出人や名宛人の情報も記入します。

 

そして約束手形を受け取った側は、支払期日になって銀行に約束手形を持ち込めば現金に交換することができます。

※上の図では分かりやすさを重視して通帳の絵を載せていますが、通常、当座預金は通帳が発行されません。

このように当座預金口座に十分な残高があれば良いのですが、もし十分な残高がなければ大問題になります。

上図のように、手形に記載されている金額が受取人に支払われない状況を「不渡り(ふわたり)」といい、その約束手形を「不渡手形(ふわたりてがた)」といいます。

手形の不渡りは非常にペナルティが重く、不渡りを発生させた事実は、手形交換所からすべての金融機関に周知され、振出人は金融機関からの信用を大きく失います。

また最初の不渡りから6か月以内に2度目の不渡りを発生させた場合は、銀行取引停止処分となります。

こうなると当座預金の利用や資金借入ができないため、事業の継続すら難しくなることもあります。

 

約束手形を振り出したときの仕訳

それでは約束手形を振り出したときの仕訳、すなわち振出人側の仕訳を確認しましょう。

【取引例】
小早川は、植草さんが経営するリサイクルショップで20,000円のバットを仕入れ、
代金として約束手形を振り出しました。

このとき、買い手であり、約束手形の振出人でもある小早川は以下のように仕訳します。

借方 金額 貸方 金額
仕入 20,000 支払手形 20,000

まずバットを20,000円で仕入れたため、費用の増加として借方に仕入20,000円を記入します。

また仕入代金として約束手形を振り出しているため、支払期日に20,000円を支払う義務(負債)が発生します。

この支払い義務は「支払手形(しはらいてがた)」という科目で処理することになります。

そこで、負債の増加として貸方に支払手形20,000円を記入します。

また、約束手形の支払期日が到来し、当座預金から仕入代金が支払われたときには、手形の振出人である小早川は以下のように仕訳します。

借方 金額 貸方 金額
支払手形 20,000 当座預金 20,000

当座預金から支払いが行われ、支払手形(負債)が減少するため、借方に支払手形20,000円を記入します。

また当座預金(資産)が減少するため、貸方に当座預金20,000円を記入します。

 

約束手形を受け取ったときの仕訳

約束手形を受け取ったときの仕訳も確認しましょう。

今度は約束手形を受け取った人(名宛人)側の仕訳となります。

【取引例】
リサイクルショップを経営する植草さんは、20,000円のバットを小早川に販売し、
代金として約束手形を受け取りました。

このとき、約束手形の受取人(名宛人)である植草さんは以下のように仕訳します。

借方 金額 貸方 金額
受取手形 20,000 売上 20,000

約束手形を受け取ったときには、将来お金を受け取る権利が生じることになります。

将来お金を受け取る権利は「資産」であり、「受取手形(うけとりてがた)」という科目で処理します。

そこで、資産の増加として借方に受取手形20,000円を記入します。

そして20,000円のバットを売り上げたため、収益の増加として貸方に売上20,000円を記入します。

また、約束手形の支払期日が到来し、銀行で約束手形を現金に換金したときには、手形の名宛人である植草さんは以下のように仕訳します。

借方 金額 貸方 金額
現金 20,000 受取手形 20,000

手形を換金し、現金(資産)が増加するため、借方に現金20,000円を記入します。

また将来お金を受け取る権利である受取手形(資産)が減少するため、貸方に受取手形20,000円を記入します。

 

まとめ

  • 【債務者側】約束手形を振り出したときの仕訳
    借方 金額 貸方 金額
    仕入 20,000 支払手形 20,000
  • 【債務者側】約束手形の支払期日が到来し、金額が支払われたときの仕訳
    借方 金額 貸方 金額
    支払手形 20,000 当座預金 20,000
  • 【債権者側】約束手形を受け取ったときの仕訳
    借方 金額 貸方 金額
    受取手形 20,000 売上 20,000
  • 【債権者側】約束手形の支払期日が到来し、金額を現金で受け取ったときの仕訳
    借方 金額 貸方 金額
    現金 20,000 受取手形 20,000

 

前回の講義はコチラ→ 第09回 現金の処理 -小口現金・現金過不足-
次回の講義はコチラ→ 第11回 電子記録債権・電子記録債務

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です