【簿記3級】第13回 その他の債権と債務 -手形貸付金・手形借入金-

Pocket

前回の講義と同様に、今回も簿記3級で出題される債権・債務について学習していきます。

簿記3級で出題される債権・債務

簿記3級で出題される債権・債務は以下の通りです。(青字は今回の学習科目です)

  • 売掛金(クレジット売掛金)、買掛金  ←第05回講義で解説済み
  • 受取手形、支払手形          ←第10回講義で解説済み
  • 電子記録債権、電子記録債務      ←第11回講義で解説済み
  • 貸付金、借入金            ←第12回講義で解説済み
  • 手形貸付金、手形借入金
  • 未収入金、未払金
  • 前払金、前受金
  • 立替金、預り金
  • 仮払金、仮受金
  • 受取商品券
  • 差入保証金

今回の講義では、手形貸付金、手形借入金について学習します。

手形貸付金に関する仕訳

お金を貸し付けた際には、通常、借用証書を受け取りますが、借用証書ではなく手形を受け取る場合があります。

この場合、通常の貸付金とは区別して「手形貸付金(てがたかしつけきん)」という勘定科目を使います。

では取引例を使って手形貸付金の仕訳を確認してみましょう。

【取引例】そうまは、小早川に現金10,000円を貸し付け、約束手形を受け取りました

このとき、お金を貸し付けたそうまは、以下の通り仕訳します。

借方 金額 貸方 金額
手形貸付金 10,000 現金 10,000

復習となりますが、約束手形とは「いつまでに、いくらを支払う」ということを記載した有価証券です。

そのため、約束手形は借用証書の代わりに用いることができるのです。

約束手形を受け取ることで、将来お金を受け取る権利が発生します。

そこで資産の増加として、借方に手形貸付金10,000円を記入します。

また、それと同時に現金が減少するため、資産の減少として、貸方に現金10,000円を記入します。

なお、商品を販売して受け取った約束手形は「受取手形」勘定を使用していましたが、お金を貸し付けたときに受け取った約束手形は「手形貸付金」勘定を使用することに注意してください。

  • 商品を販売したとき  ⇒ 受取手形
  • お金を貸し付けたとき ⇒ 手形貸付金

勘定科目を分ける理由は、保有している約束手形が、営業活動(商品販売)によって生じたものなのか、財務活動(貸し付け)によって生じたものなのかを区別できるようにするためです。

手形借入金に関する仕訳

では次に、借り手側の仕訳も確認していきましょう。

【取引例】小早川は、そうまから現金10,000円を借り入れ、約束手形を渡しました

このとき、お金を借り入れた小早川は、以下の通り仕訳します。

借方 金額 貸方 金額
現金 10,000 手形借入金 10,000

お金を借り入れたことで現金が増加するため、資産の増加として、借方に現金10,000円を記入します。

また約束手形を振り出すことで、将来お金を返済する義務が発生するため、負債の増加として、貸方に手形借入金10,000円を記入します。

手形貸付金の場合と同様ですが、通常の借入金と区別するため「手形借入金(てがたかりいれきん)」という勘定科目を用いる点に注意してください。

また、商品を仕入れて振り出した約束手形は「支払手形」勘定を使用していましたが、お金を借り入れたときに振り出した約束手形は「手形借入金」勘定を使用することにも注意してください。

  • 商品を仕入れたとき  ⇒ 支払手形
  • お金を借り入れたとき ⇒ 手形借入金

まとめ

  • お金を貸し付けた際に約束手形を受け取ったときの仕訳
    借方 金額 貸方 金額
    手形貸付金 10,000 現金 10,000
  • お金を借り入れた際に約束手形を振り出したときの仕訳
    借方 金額 貸方 金額
    現金 10,000 手形借入金 10,000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です